トップページ  サイトマップ
ホーム > よくあるご質問 > 介護保険制度について

よくあるご質問 介護保険制度について

お答え

Q1介護保険の被保険者はどのような人ですか?

40歳以上の方全員が被保険者です。
被保険者は、(1)65歳以上の方(第1号被保険者)と、(2)40〜64歳の医療保険に加入している方(第2号被保険者)の2つに分けられ、 保険料の額や支払い方法 が異なります。なお、加入のための手続きは不要です。

Q2介護保険への加入方法は?

加入のための申請は必要ありません。しかし、介護保険のサービスを利用するときには、「要介護認定」の申請を区市町村に出す必要があります。 ・・・ 申請相談窓口(熟年相談室・区の相談窓口)

Q3どんなときにサービスを利用できますか?

65歳以上の方は、理由を問わず、「要介護認定」によって介護や支援が必要と認められたときです。40〜64歳の方は、 国が定めた16の病気(特定疾病) が原因で介護や支援が必要と認められたときにサービスを利用できます。

Q4どんなサービスがありますか?

自宅を中心に利用する「居宅サービス」と、地域の特性に応じた柔軟な体制で提供される「地域密着型サービス」、施設に入所して受ける「施設サービス」があります。ただし、要介護度により利用が制限されます。
介護サービス紹介

Q5介護保険の被保険者証(保険証)は、いつ交付されますか?

被保険者証は65歳の誕生月を迎えたとき、また65歳以上の方が江戸川区に転入されたときに区が郵送にて交付します。要介護認定申請時に必要となりますので、大切に保管してください。なお、40〜64歳の医療保険に加入されている方は、要介護認定を受けた方だけに交付します。

Q6マイナンバー制度開始に伴い、介護保険の手続きは変わりますか?

マイナンバーの記載が必要となる介護保険の手続きの際には「手続きをする人(被保険者本人)のマイナンバーを確認できる書類(番号確認書類)」と「マイナンバー所有者本人又は代理人の身元を確認できる書類(身元確認書類)」が必要になります。
マイナンバー制度開始後の介護保険の手続について

ページの上に戻る