トップページ  サイトマップ
ホーム > よくあるご質問 > サービスの利用について

よくあるご質問 サービスの利用について

お答え

Q1サービスの費用(介護報酬)はいくらですか?

サービスの費用(介護報酬)は、サービスの種類、要介護度、地域等により細かく設定されています。
実際にかかる費用については、利用するサービス事業者やケアマネジャーにご確認ください。

Q2サービス等に不服があるときは?

まず、サービス事業者の相談窓口やケアマネジャーにご相談ください。その他、熟年者の相談窓口にお気軽にご相談ください。

Q3介護保険サービスを利用した場合、自己負担額はどのくらいですか?

原則としてかかった費用の1割または2割を負担します。なお、施設サービスを利用する場合は、別途居住費(滞在費)や食費等の負担も必要となります。
また、居宅サービスを利用した時は、要介護度ごとに、月々に利用できる金額の上限(利用限度額)が設けられており、利用限度額を超えてサービスを利用した場合は、超える分は全額自己負担となります。

Q4介護保険負担限度額認定とは?

介護保険施設サービスや短期入所サービス(ショートステイ)を利用すると介護サービス費用の1割または2割を負担するほかに、居住費(滞在費)・食費を負担することになります。居住費(滞在費)・食費については、利用者と施設との契約により決まりますが、所得の低い方(利用者負担段階が第1段階〜第3段階に該当する方)については、負担の上限額(負担限度額)が定められ、負担が軽減されます。なお、負担の軽減を受けるには申請が必要です。
負担限度額認定

※負担限度額認定の対象とならない方(利用者負担第4段階の方)は、施設との契約で定められた料金をご負担いただきます。

Q5介護保険負担限度額認定の申請方法は?

「負担限度額認定申請書」に必要事項を記入して、介護保険課給付係に提出してください。申請日の世帯の課税状況により審査を行い、本人の所得や世帯の課税状況によって利用者負担段階が設けられ、その段階ごとに負担の限度が決められます。
負担限度額認定を受けた方には「負担限度額認定証」が交付されます。サービスを利用する際には、ケアマネジャーとサービス事業者に「負担限度額認定証」を必ず提示してください。提示がない場合、軽減が受けられません。

※認定の有効期間は、申請を受け付けた日の月の1日から7月31日までです。引き続き負担の軽減を受けるには更新の申請が必要となります。

Q6自己負担が高額になったときは?

同じ月に利用したサービスの1割または2割の自己負担が、一定金額(限度額)を超えるときは、超える分が高額介護サービス費として払い戻されます。
高額介護サービス費

Q7住んでいる区市町村以外のサービスを使うことはできますか?

都道府県から指定を受けている事業者であれば、江戸川区以外のサービスも利用できます。ただし、地域密着型サービスは、住み慣れた地域での生活の継続を目的とするサービスですので、原則として江戸川区内の事業所を利用していただくことになります。

ページの上に戻る