トップページ  サイトマップ
ホーム >  事業者向け情報 > 事故報告

事故報告

介護保険提供サービスに係る事故報告について

事業者は、介護保険サービスの提供中等に事故が発生した場合、指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第37号)第37条第1項等により、区へ報告することとされています。事故が発生した場合は、以下のとおり10日以内に「事故報告書」を提出してください。また、事故発生後実施した再発防止策については、実施期間終了後、評価・検証を行い、その内容について、「再発防止策の実施状況報告書」で報告してください。

●事故報告に係る書類
 ○事故報告書excel(18KB)

●事故報告書の記載内容に係る書類
 ○事故報告書記載例excel(178KB)

●再発防止策の実施状況の報告に係る書類
 ○再発防止策の実施状況報告書excel(30KB)
 

1.事故報告の対象

(1)当該事故に関係する介護サービス利用者が江戸川区の被保険者である場合
(2)事業者の所在地が江戸川区内である場合

2.事故報告の範囲

(1)医師の診療を要したもの
 @転倒・転落による骨折・出血等、誤燕、異食等
 A送迎中における事故
 B内科的に急変し医療措置が必要になった場合
(2)食中毒の発生
(3)感染症・疥癬の発生
(4)誤薬
(5)離設
(6)その他報告が必要と認められる事故の発生
(7)利用者がサービス受給中に病気等により死亡した場合

3.報告方法

事故発生後、「事故報告書」を記入し、速やかに郵送によりご提出ください。(個人情報が含まれるため、FAX・Eメールでの報告不可)。
緊急性の高い事故については、第一報を電話で行い、その後速やかに「事故報告書」をご提出ください。

4.報告先

 〒132-8501 東京都江戸川区中央1−4−1
 江戸川区福祉部介護保険課指導係 電話 03-5662-0892
 

5.報告後の区における取扱

区は「事故報告書」を受理後、事故の状況を把握すると共に、介護事故事例として管理する。

(事故報告の根拠)

【平成11年3月31日付厚生省令第37号】
○訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、 訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、通所介護、通所リハビリテーション、 短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、 特定福祉用具販売

【平成18年3月14日付厚生労働省令第35号】
○介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴介護、 介護予防訪問看護、介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導、介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション、 介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護、介護予防特定施設入居者生活介護、介護予防福祉用具貸与、 特定介護予防福祉用具販売

【平成18年3月14日付厚生労働省令第34号】
○定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、地域密着型通所介護、 認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、看護小規模多機能型居宅介護

【平成18年3月14日付厚生労働省令第36号】
○介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能型居宅介護、 介護予防認知症対応型共同生活介護

【平成11年3月31日付厚生省令第38号】
○居宅介護支援

【平成18年3月14日付厚生労働省令第37号】
○介護予防支援

【平成11年3月31日付厚生省令第39号】
○介護老人福祉施設

【平成11年3月31日付厚生省令第40号】
○介護老人保健施設

【平成11年3月31日付厚生省令第41号】
○介護療養型医療施設

各事業者の事故の報告先



ページの上に戻る