新型コロナウイルス感染予防 + 熱中症予防

夏は感染予防だけでなく、特に熱中症にも注意が必要です。

熱中症に気を付けながら新型コロナウイルス感染を防止しましょう。

感染予防のポイント

流水と石鹸で、こまめに手を洗いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前には手を洗うことを徹底しましょう。
咳やくしゃみをする場合には口と鼻をティッシュや手で覆いましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。

ご自宅でサービスを受ける皆様へ

マスクの着用をお願いします

ご自宅でサービスを受ける際は、お互いを守るため、マスクを着用しましょう。
鼻出しマスクや顎マスクはやめましょう。

介護職員の感染症対策にご理解をお願いします

介護職員はマスクや手袋などを着けて作業する場合があります。

お互いを守る感染症対策ですので、ご理解ください。

熱中症予防のポイント

暑い日が続いています。新型コロナウイルス感染防止とともに熱中症対策もしましょう。

環境省・厚生労働省リーフレット 熱中症対策リーフレット.pdf

感染症予防の際の熱中症にも注意しましょう

・屋外での散歩の際には、マスクの着用の必要はありません。近距離(2メートル以内)で会話をする場合にはマスクをはずしましょう。

・屋内でも人との距離が十分(2メートル以上を目安)確保できて、会話をほとんどしない場合は、マスクを着用する必要はありません。

普段の熱中症対策も行いましょう

・室内で過ごすときは、過度な節電を避け、風通しを良くしましょう。

・外出時は、帽子や日傘を使用し、日陰を歩き、こまめに休憩をとりましょう。

・こまめに水分補給をしましょう。

・涼しい服装で過ごしましょう。