トップページ  サイトマップ
ホーム > 申請するには? > 認定申請関係

認定申請関係

要介護・要支援認定の申請は、原則として本人、家族が行います。また、家族が申請に来られない場合、居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)や介護保険施設も申請を代行することができます。

40〜64歳の方(第2号被保険者)は、特定疾病(国の定めた16の病気)が原因で介護が必要となった場合に限ります。

介護保険要介護認定・要支援認定等申請書PDF(68KB)

申請などの手続きの一部はAcrobat PDFにてご提供しています。
pdfこのアイコンが付く項目はPDF形式でご覧頂けます。PDFは別ウィンドウでの表示となります。

acrobatご覧になるには、 AdobeAcrobat Readerが必要です。
(Acrobat Reader は無料でダウンロードしてご利用になれます。)

要介護・要支援認定の申請(新規)

認定を受けていない方が、日常生活で介護や支援が必要になり、介護保険のサービスを利用するには、区に申請を行い、「要介護」または「要支援」の認定を受ける必要があります。
※更新申請を行わずに認定有効期間が満了した場合も、新規申請を行うことになります。

申請に必要なもの
  ○介護保険要介護認定・要支援認定等申請書pdf(68KB)
  ○本人確認および代理人確認、代理権確認書類(マイナンバー制度導入に伴い必要となります。詳しくはマイナンバー制度開始後の介護保険の手続についてをご覧ください。)
  ○介護保険被保険者証(40〜64歳の方は医療保険(健康保険)の被保険者証)

※申請受付時に、@主治医の氏名(フルネーム)、A病院名と所在地、電話番号、B入所・入院されている方は、その施設・病院の名称と所在地を確認します。

申請は、熟年相談室(地域包括支援センター)または区の相談窓口までお願いします。

問合せ先:福祉部介護保険課認定係 TEL 03-5662-0843

要介護・要支援認定の申請(更新)

認定には有効期間があります。引き続き介護保険のサービス利用を希望する場合は、有効期限の60日前から有効期間の満了の日までに、更新の申請が必要です。
※更新申請を行わずに認定有効期間が満了した場合は、新規申請を行うことになります。

該当する方には、区から更新のご案内の通知をいたします。
通知が届きましたら

ケアマネジャーが決まっている方→担当ケアマネジャーにご連絡下さい
施設に入所中の方→施設職員にご連絡ください
入院中の方→主治医に更新申請が必要かご確認ください
現在サービスを受けていない方→サービス利用の予定がある場合は申請して下さい

申請に必要なもの
  ○介護保険要介護認定・要支援認定等申請書pdf(68KB)
  ○本人確認および代理人確認、代理権確認書類(マイナンバー制度導入に伴い必要となります。詳しくはマイナンバー制度開始後の介護保険の手続についてをご覧ください。)
  ○介護保険被保険者証(40〜64歳の方は医療保険(健康保険)の被保険者証も必要です。)

※申請受付時に、@主治医の氏名(フルネーム)、A病院名と所在地、電話番号、B入所・入院されている方は、その施設・病院の名称と所在地を確認します。

申請は、熟年相談室(地域包括支援センター)または区の相談窓口までお願いします。

問合せ先:福祉部介護保険課認定係 TEL 03-5662-0843

要介護状態区分変更の申請

要介護認定を受けている方で、心身の状態が著しく変化した場合は、認定の有効期間内でも更新の時期を待たずに認定の見直しを申請することができます(区分変更申請)。
※介護保険のサービスを利用中の方は、区分変更申請の前にサービスの変更内容や時期について、担当ケアマネジャーとよくご相談ください。

なお、要支援認定を受けている方で、心身の状態が著しく変化した場合は、要支援者の要介護認定申請の扱いになります。

申請に必要なもの
  ○介護保険要介護認定・要支援認定等申請書pdf(68KB)
  ○本人確認および代理人確認、代理権確認書類(マイナンバー制度導入に伴い必要となります。詳しくはマイナンバー制度開始後の介護保険の手続についてをご覧ください。)
  ○介護保険被保険者証(40〜64歳の方は医療保険(健康保険)の被保険者証も必要です。)

※申請受付時に、@主治医の氏名(フルネーム)、A病院名と所在地、電話番号、B入所・入院されている方は、その施設・病院の名称と所在地を確認します。

申請は、熟年相談室(地域包括支援センター)または区の相談窓口までお願いします。

問合せ先:福祉部介護保険課認定係 TEL 03-5662-0843

ページの上に戻る