トップページ  サイトマップ
ホーム > 介護保険とは? > 訪問調査と主治医の意見書

訪問調査と主治医の意見書

江戸川区の担当職員や区が委託する調査員がご自宅を訪問し、心身の状態や日中の生活、家族・居住環境などについて聞き取り調査をします。

また、江戸川区の依頼により、かかりつけの医師が病気や心身の状態に関する書類(主治医の意見書)を作成します。
※区が取り寄せますので、本人が提出する必要はありません。

どんなことを聞かれるの?

74項目の質問調査があります。その主な内容は

  • 視力、聴力などについて
  • 歩行や、立ち上がりがどの程度できるか
  • 入浴や排せつ、食事で介助が必要か
  • ズボンなどの着脱、洗顔など身のまわりのことなどで介助が必要か
  • ひどい物忘れ、徘徊などの行動があるか
  • 過去14日に受けた医療に関すること
  • 外出の頻度

その他必要に応じて、概況調査、特記事項が調査員によって記入されます。

ページの上に戻る