トップページ  サイトマップ
ホーム > 介護保険とは? > ケアプランの作成

ケアプランの作成

在宅で介護サービスを利用するときは、まず「ケアプラン」を作成し、その計画に基づき介護サービスを利用します。なお、ケアプラン作成にかかる費用は、全額介護保険からの給付となり、利用者負担はありません。

○「要支援」と認定された方は、熟年相談室(地域包括支援センター)に連絡し、ケアプラン作成の依頼をしてください。

○「要介護」と認定された方は、居宅介護支援事業所に連絡し、ケアプラン作成の依頼をしてください。

○居宅介護支援事業所が決まっていない方、あるいはサービスについて相談したい方は熟年相談室(地域包括支援センター)へご相談ください。また、居宅介護支援事業所はこちらからも検索することができます。

※介護保険施設に入所する場合は、施設に直接入所申込みをします。

語句の説明

ケアプランとは

要介護者等の心身の状況や生活環境、利用者及び家族の希望等を勘案し、どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画のことです。計画に伴うサービス提供事業者や介護保険施設等との連絡調整等は居宅介護支援事業所のケアマネジャーや熟年相談室(地域包括支援センター)の職員が行います。

介護保険施設に入所する場合は、施設のケアマネジャーが利用者に合わせたケアプランを作成します。

ページの上に戻る