ホーム > 認知症について

認知症について

認知症は誰でもかかる可能性のある身近な脳の病気です

認知症とはいろいろな脳の細胞が損傷を受けたり、働きが悪くなることで、認知機能が低下し、さまざまな生活のしづらさが現れる状態を指します。
認知症の人を理解し、支援していくためには認知症についてよく知ることが必要です。 認知症の発症から最期まで、本人がよりよい生活を続けていけるように、医療・介護・福祉のサービスを上手に活用し、本人のなじみの人や地域の人々などの協力も得て、地域ぐるみで連携していくことが大切です。

「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」はこちらpdf(126KB)

認知症の相談

 もの忘れがひどくなられた方、医療機関をお探しの方、認知症への対応・介護の仕方がわからないなどでお悩みのご家族の方、お気軽にご相談ください。
 専門のスタッフ(精神保健福祉士等)が電話のほかメールまたは来所による相談もお受けしています。

専用電話 03-3652-2300(月曜〜土曜 午前9時から午後6時まで)

FAX番号 03-5607-5593
メールアドレス:ei-houkatu@rhythm.ocn.ne.jp
※メールでのご相談の場合、返信にお時間がかかる場合があります。
※閲覧環境によってはメールが送信できない場合がございますのでご了承ください。
所在地:中央熟年相談室 江戸川区医師会(江戸川区中央4−24−14)

 認知症やもの忘れなどの相談を受けられる地域の医療機関です。
もの忘れ相談医リスト(江戸川区医師会のページ)



 主任ケアマネジャー・社会福祉士・保健師などの専門職が、熟年者の方やご家族の方からの介護や認知症などあらゆる相談を受け支援を行います。
熟年相談室一覧


認知症支援

 認知症の人と家族が地域で安心して生活できるよう認知症の医療・介護・生活支援等の情報に精通した地域における認知症の専門家である認知症支援コーディネーターを熟年相談室江戸川区医師会一之江に配置しています。
 個別ケース支援のバックアップを担い、認知症の疑いのある人の早期発見・診断・対応を進めることにより、地域の認知症対応力の向上を推進することを目的としています。
 医療機関の受診が困難である認知症が疑われる人又は認知症の人を訪問し、必要な医療や介護サービスにつなげます。

電話 03-5667-7676 (月曜〜土曜 午前9時から午後6時まで)
所在地:西瑞江熟年相談室 江戸川区医師会一之江(江戸川区西瑞江5-1-6)

「認知症支援コーディネーターにご相談ください」pdf(645KB)


 認知症サポート医、認知症コーディネーター、認知症地域支援推進員などの医療や介護の専門職で構成するチームです。 ご本人やご家族、地域の方、ケアマネジャーなどから相談を受けて、家庭訪問を行い、病院受診や介護保険サービスの利用などご本人ご家族を含めた支援を集中的に行います。


 江戸川区では各熟年相談室に認知症地域支援推進員を配置しています。
 認知症地域支援推進員は、認知症になっても住み慣れた地域で生活を継続するために医療、介護及び生活支援を行うサービスが有機的に連携したネットワークを形成し、認知症の人への効果的な支援体制の構築を図っていきます。

「こんな時、認知症地域支援推進員にお気軽にご相談ください」pdf(4.8MB)


 「えどがわメールニュース」において、行方が分からなくなってしまった認知症の方の、行方不明者情報を配信しています。多くの方に周知することで早期発見に役立てます。ぜひご登録ください。えどがわメールニュースの登録方法はこちらから。
 また、ご家族の行方が分からなくなってしまった場合は、配信登録者に情報提供を呼びかけることができますので、介護保険課相談係にご連絡ください。
 詳しくはチラシ 「えどがわメールニュース」で認知症行方不明者情報を配信します をご覧ください。
「えどがわメールニュース」で認知症行方不明者情報を配信します

問合せ先:福祉部介護保険課相談係 電話 03-5662-0061



認知症ケアパス

 「認知症ケアパス」とは、発症予防から人生の最終段階まで、生活機能障害の進行状況に合わせ、いつ、どこで、どのような医療・介護サービスを受ければよいのか、これらの流れをあらかじめ標準的に示したものです。 認知症ケアパスをはじめ、認知症についての相談窓口、支援、サービス、交流の場等わかりやすく1冊にまとめた「知って安心認知症〜認知症ケアパス〜」パンフレットを活用ください。
 熟年相談室、健康サポートセンター、介護保険課窓口等で配布しています。


「知って安心認知症」表紙
※無断転載禁止
 こちらからダウンロードできますpdf(4.84MB)
 (PDF一括ダウンロード)

(項目別ダウンロード)
1 認知症は誰でもかかる可能性のある身近な病気ですpdf(157KB)
2 認知症とは?pdf(78KB)
3 認知症の予防につながる習慣pdf(91KB)
4 認知症に早く気付くことが大事!pdf(103KB)
5 「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」をやってみましょう!pdf(126KB)
6 認知症になるとどのように感じるの?pdf(93KB)
7 認知症の人を支えるためにpdf(113KB)
8 症状別ポイントpdf(204KB)
9 認知症ケアパス〜進行に合わせた支援やサービス〜pdf(217KB)
10 専門用語や相談窓口を知りたい
  A 相談・家族支援pdf(322KB)
  B 住まい・生活pdf(103KB)
  C 交流の場(江戸川オレンジカフェ等)pdf(374KB)
  D 生活の支援pdf(121KB)
  E 医療pdf(115KB)
  F 予防・リハビリpdf(132KB)

問合せ先:福祉部介護保険課事業者調整係 電話 03-5662-0032



認知症の予防につながる習慣

生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、心臓病など)を予防することは、認知症の予防にもつながります。
○食生活に気をつけましょう

○適度な運動をしましょう

○生活を楽しみましょう

〇人と積極的に交流しましょう
準備運動動画TOP 脳トレ動画TOP

認知症の人やその家族の交流の場

熟年相談室では認知症サポート医、またはもの忘れ相談医を交えて介護者交流会を開催しています。

◆介護者交流会開催予定(令和2年度)

※開催時間は主に13時30分〜15時です
※開催日等については変更する場合がありますのでご了承ください
※申し込み等の詳細は担当熟年相談室へお問い合わせください

開催予定日
担当熟年相談室
連絡先
8月26日 本一色 熟年相談室 アゼリー江戸川 03(5607)7600
9月9日 南小岩 熟年相談室 小岩ホーム 03(5694)0111
9月16日 南葛西 熟年相談室 みどりの郷福楽園 03(5659)5353
9月23日 東小岩 熟年相談室 泰山 03(5889)1165
10月14日 平井 熟年相談室 ウエル江戸川 03(3618)0324
10月28日 瑞江 熟年相談室 瑞江ホーム 03(3679)4102
11月11日 篠崎 熟年相談室 きく 03(5664)3080
11月18日 平井小松川 熟年相談室 第二ウエル江戸川 03(5858)2352
11月25日 北葛西 熟年相談室 暖心苑 03(3877)0181
12月9日 鹿骨 熟年相談室 きく 03(3677)3141
12月23日 北小岩 熟年相談室 江戸川光照苑 03(5612)7193
1月13日 東葛西 熟年相談室 なぎさ和楽苑 03(3877)8690
1月27日 江戸川 熟年相談室 江東園 03(3677)4631
2月10日 中央 熟年相談室 江戸川区医師会 03(5607)5591
2月24日 西瑞江 熟年相談室 江戸川区医師会一之江 03(5667)7676
3月10日 船堀 熟年相談室 暖心苑 03(5878)1521
3月24日 西葛西 熟年相談室 なぎさ和楽苑 03(3675)1236

(熟年相談室イメージキャラクター)

「江戸川オレンジカフェ」とは、認知症の人やその家族、地域住民なども集い、交流を図りながら認知症関連の情報を共有し理解を深める場です。 江戸川区では、熟年相談室の認知症地域支援推進員等がカフェの運営や開催の支援をしています。どなたでも気軽にご参加いただけます。

相談・交流マップはこちらpdf(374KB)
えどがわマップ版はこちら
※開催の詳細や参加を希望される方は、各熟年相談室へお気軽にお問合わせ下さい。

認知症について知りたい・応援したい

 ご近所の人や商店街、郵便局、銀行、交番など地域で働く人たちが、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族が困った時に手助けをしてくれると、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らしていくことができます。
 「認知症サポーター」は、認知症についての正しい知識をもち、認知症の人や家族を温かく見守る応援者のことです。認知症サポーター養成講座(約1時間半の講義)を受講すれば、どなたでもなることができます。また、講師を派遣して出張講座も行っています。

 認知症サポーター出張講座のご案内 『認知症サポーター養成講座を開催しませんか』pdf(240KB)

オレンジリング 認知症サポーター養成講座を修了し、認知症サポーターとなった方にオレンジリングを配布しています。

◆認知症サポーター養成講座 実施予定(令和2年度)

※予定が決まりましたらご案内します


◆認知症サポーターステップアップ講座 実施予定(令和2年度)

認知症についてもっと詳しく知りたい、サポーターとしてどんな活動があるか等認知症サポーター養成講座を修了された方を対象に開催しています。約2時間程度の講座になります。
※予定が決まりましたらご案内します

問合せ先:福祉部介護保険課事業者調整係 電話 03-5662-0032


 認知症の人に、やさしく接することができる事業所・団体で、共通行動宣言に賛同し、さらに独自の行動宣言もしている地域に愛され、必要とされる団体・事業所です。

「えどがわオレンジ協力隊 共通行動宣言」

わたしたちは認知症についての知識を生かし、認知症の人の人格を尊重して丁寧に接する事を心がけます。また、助け合いにより安心して暮らせるまちの実現を目指します。

◆「えどがわオレンジ協力隊」認定団体一覧

<このステッカーが目印>
オレンジ協力隊ステッカー

◆「えどがわオレンジ協力隊」になりませんか

 認知症になっても、できる限り住み慣れた地域で、安心して暮らせるまちの実現に向けて、ご協力いただける団体・事業者さんを募集しています。
 詳細はこちらをクリック

ページの上に戻る